被せ物を外さずに治す治療(歯根端切除術)

通常の再根管治療の場合、前に入れた土台と被せ物を外して治療を行います。

せっかく時間とお金をかけて入れた被せ物を外さなくてはいけないのです。

再根管治療が終わった後に、再度土台と被せ物を一から作り直しとなってしまいます。

 

外科的に歯根の先の細菌感染を取り除く歯根端切除術では土台や被せ物を外すこと無く、問題を解決することが出来ます。

利点

「通常の根管治療で治らなかった歯を治すことが出来る」

根管は先端部で複雑に分岐している場合があります、先端部を切り、取り除くことで細菌感染を除去することが出来ます。

また、細菌感染が根管の外でも起きていることが、近年明らかになってきました。通常の根管治療では器具や洗浄液が届かないので、根管外の細菌は除去出来ません。

 

これは特殊なCT装置で歯の先端を撮影し、根管の形を可視化したものです。

歯の先端数ミリには、このような枝分かれが多く存在します。

通常の根管治療で、このような根管を完全にキレイにする事は不可能であると考えられます。

 

外科的に先端を切り取ることによって、先端に存在する細菌を取り除くとこが可能となります。


 

「被せ物を外さずに治療することが出来る」

土台や被せ物を外す際には少なからず健康な歯を削ったり、歯に力がかかったりします。その時に問題が起こるときもありますし、長い目で見た時に歯が割れるなどの問題が発生する原因にもなります。

被せ物を外さずに治療できるので、その様な問題は起きません。

 

「治療回数が少ない」

被せ物を作り直さなくて良いので、通院回数は少なくなります。

適応症

・土台や被せ物の下に虫歯が無いこと

 

・前の根管治療がきちんとしてあること

 

・歯が割れていないこと

問題点

「古いやり方で行うと5割程度しか治らない」

多くの先生は「歯根端切除術=治らない、抜歯前に試しにやってみる処置」と考えているので、治療案として説明してもらえない場合が多いです。

マイクロスコープを用いた専門医による歯根端切除術の治療成功率は90%程度です。

 

「専用の器具が必要」

マイクロスコープを見ながら処置を行うので、多くの専用の器具が必要となります。

 

広島県 広島市 中区 大手町 1-8-17木定ビル3階

吉岡デンタルキュア Endodontic center (エンドドンティックセンター)

お知らせ

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

「困ったときの歯医者さん選び 広島(南々社)」という本において根管治療の解説をさせていただき、頼りたい歯医者さんとしても紹介していただきました。